スタジオアリス最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

首位でスタートの鈴木愛が危なげなく逃げ切りました(-10)。

4打差の2位は葭葉ルミ。更に3打差の3位は比嘉真美子。

更に1打差の4位は李知姫。

 

鈴木はこれで「Tポイントレディース」に次いで今季2V。

今季の目標は3勝&平均パット数ランク1位を掲げていますが、4戦してはや2V。平均パット数ランクは1位(この試合の終了時点で1.6892)をキープしています。

 そのほかにもツアーのスタッツでパーオン率、パーセーブ率、平均バーディ数など首位にいて、昨季の賞金女王の力をいかんなく発揮していると言えます。

 

鈴木のパット、ショットは下半身がしっかりとしていて、ストロークの軸が安定していることが特徴です。

その他は「鈴木愛のパット2018」や、「TポイントL2018」を覗いてみてください。

 

私は葭葉ルミのパットとショットに注目していました。

JLPGA飛距離(Dディスタンス)ランク昨年1位。今季は現時点で穴井詩に次いで2位と飛ばし屋で、その秘密は何なのか、大きな興味を持っています。

 そして、ヘッドアップしないのが、飛距離にもパットにも貢献していると感じているからです。

平均パット数ランクはこの試合終了時で10位(1.799)です。

葭葉は現在のJLPGAの選手の中で最も頭を残してスイング、ストロークする選手ではないでしょうか。

パットの場合だと、ボールが2mくらい転がり出るまで頭を動かさないでストロークしています。

最終日はわずかにショートという場面が多かったですが、、、、。

 

#16(パー5)では、ドラをミスして「左が浮いている」と解説されていました。

私は左は見てませんでしたが、頭が浮いているので持論通りかな、と見ていた次第です。

 持論とは、(私個人だけの身体特性なのかもしれませんが)頭を浮かさずに(意識としては沈み込むくらい)残すとドラで飛距離は10ydsくらい違ってくるからです。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス