ボールを転がす2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ボールを転がす1」に続きます。

 

ーーーー

ステップ1の目標は、パターフェースで真っ直ぐに打ち出したボールを前方へ転がす方法を学ぶこと。

 この目標を達成するためには、ボールをしっかり捉えながら、様々な距離のパットを、何百回も練習しなければならない。

 ボールをしっかり捉えるためには「スウィートスポット」と呼ばれるパターフェースの中心部分でボールを打つことが必要。

自分にとって最適なグリップ方法でパターを握り、気持ちよく立てるようにスタンスを取ったら、パットの準備は完了。

 平らな場所でカップから6フィート(≒1.8m)離れた位置に立ち、パターをグリップする。

 パターを自然に心地よく両手で握ることができているかどうか、ボールに対して心地よく構えているかどうか。それだけを確認して欲しい。

 

 ボールの数㌅前方に想像上の目印を取る。

 カップではなく、この目印が、あなたのターゲットである。適切な力加減で上手くボールをこのターゲットに打ち出すことができれば、ボールはカップインする筈だ。

 

 カップインしなかったらやり直すのではなく、その位置からボールをカップに沈めることが大切。パットのやり直しは出来ないからだ。

 

練習の段階から、ホールアウトできるまでパットを続けるという動作に慣れておいてほしい。

 

ボールは1つだけ使うことを勧める。

いくつか使う練習方法もあるが、この段階ではそうした練習はしないでほしい。

 (太字は該書のまま)

(続きます)

ーーーー

極めて初歩的なことですが、T・ウッズはこういうことを学んでパット功者になったわけですから、一読の価値はあると思い、省略しながら要点のみ引用させて頂いております。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。 

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス