認知症予防にゴルフ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

素晴らしい研究成果ですね。

詳しくは→「ゴルフが認知症予防に」(日刊スポーツ新聞電子版)、「ゴルフに認知症予防効果」(日本経済新聞電子版)。

 

これが、ゴルフの活性化、長寿時代の健康増進に貢献してくれることを期待したいです。

 こう言う私(Green Keeper)は高齢者。もっとプレーする免罪符を得たような気持ちです(笑)。これからしばらくはゴルフ仲間では話題になりそうですね。

 

これ、高齢者をゴルフ教室と健康教室に分けて、半年間の実験で、認知機能検査の結果でゴルフ教室参加者は6.8%(単語記憶能力)、11.2%(論理的記憶能力)向上。健康教室を受けた人には変化がなかったというものです。

 

アルツハイマー型認知症では、適度な運動・頭を使う活動・人との交流がその予防に効果があると言われてますから、この研究結果は我々ゴルファーへの強い味方となります。

 

というだけでは、パットの記事になりませんね。

ショットとパットを比べてみれば、ショットよりもパットのほうが高い作戦力が求められます。ショットは空間を対象とするので2次元の世界、転がりや風の影響もありますから2.5次元としましょうか。

 パットはアンジュレーションの世界ですから、3次元の世界観ですね。

ショットに比べて、パットのほうが高い思考力を求められるわけですから、認知症予防効果はショットよりもパットのほうが高いと考えられます(我田引水!?)。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。 

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス