ショートパットのミスを防ぐ② | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ショートパットのミスを防ぐ①」に続きます。

 

他責のことやラインの読みの経験不足を嘆いても始まらないので、それが原因でカップインしなかったのは、素直に諦めましょう(笑)。

 

問題はショートパットでやることさえやれば、カップイン出来た筈なのに外すということが結構起こります。

これ自責ですから、大いに反省し、次回以降は同じミスを犯さないという心構えが大切です。

②がショートパットで起こる原因をつぶさに潰すことになります。

 

原因としては

ⓐイージーに考えていい加減にやる(「お先に」を外すような場合)

ⓑ結果を気にし過ぎて、ルックアップが早すぎてしまう

ⓒ正しいアドレスや自分本来のストロークをさぼってしまう

ⓓ日頃のパッティングにおけるルーティーンをさぼる

ⓔ自分固有のテンポやリズムでストローク出来ていない

ということがあげられます。

 

先週のTポイントレディースにおける鈴木愛の#18(パー4)の最後のパーパット。1m弱くらいだったですね。

あの場面を思い起こしてみてください。

鈴木はⓐ~ⓔまでの全てにおいて手抜きしていませんでした。

優勝のかかった1打だから、これら全てを守ったのではないです。

鈴木はいつもこれらを守っています。

だからショートパットも外すことはないのです。

だからパットが上手いのです。

 

我々も同じようにやれば、カップインの確率は確実に高めることができます!

 

生意気なことを書きましたが、私の場合手抜きすると外すという例はこれです→「短いほどゆっくり」

 短いパットでは、私の場合テンポが速くなって引っかけ気味になります。ですから私はショートパットではことさらゆっくりとストロークするよう心がけています。

 多分、皆様もショートパットを外す場合はⓐ~ⓔのどれかをさぼっていると思います。それを認識していると現場でのミスを減らすことが出来ます。

 

いつもご協力頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致します<m(__)m>。 

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス