ボールを転がしたくなる | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「パットに型はある」で紹介させて頂いた吉田洋一郎さんと本條強さんと対談の一部を「書斎のゴルフVOL36」(日本経済新聞出版社刊)から引用させて頂きます。

 

ーーーー

H(本條さん):パットはスコアに直結しますよね。

 

Y(吉田さん):まさにその通りで、そのためには1mのパットをとりこぼさないことです。1mのパットを確実に入れる。プロは1mのパットを95%沈めます。しかし、アマチュアは7割くらいでしょう。それを練習して8割、9割と確率を上げていくことです。

 それが出来るようになるだけで、1パットが増えて3パットが減ります。パット数はかなり縮まります。

 

H:我々アマチュアは1mを甘く見ていますよね。必ず入ると思っている。

 

Y:ところが絶対ではない。1mを外してしまい、スコアを縮めることができないわけです。なので、1mの距離を上達するためには、家で練習することです。マットがなくても絨毯でも良いです(*1)。毎日パット練習をしてみてください。それだけでスコアは縮まりますよ。

 

H:それにはパターをキャディーバッグから出して部屋に置いておくことですね。

 

Y:まさにその通りです。パターが目につくところにあれば、ボールを転がしたくなります。テレビを見ながらでも構いません。毎日転がせば、それだけでスコアアップ出来るのです。

お金もかかりません。是非やってみてください。

ーーーー

 

*1:私(Green Keeper)がお勧めするのは、安物のカーペットです。速さもそこそこ出すには毛足の短い安物のカーペットに限ります(笑)。

そして何よりも素晴らしいのは(練習マットと違い)部屋の隅から隅まで使えるということです。

 

ながら練習はAmeblogerの方も良くやっておられますね。

「けいじ君の草刈り日記」「道具屋の独り言」でも時々”ながらパット練習”の記事を拝見します。

なお、「mizu-toshi」さんのように、毎日パット練習なさる方もおられます。シングルになられた方やなろうとされる方は、パット練習は欠かさずなさってます。

 

いつも最後までご覧頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス