テンポに合ったパター | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

PGAのツアープロのスイングリズムは2:1だとUPしました。

「2:1のリズム」

 

でも選手の個々のリズムは多少違うようで、それに合ったパターを選ぶということが良いということが、PING社の2018年版カタログに書かれているので、省略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

ストロークのテンポに合ったパターを選ぶ

 

PING社の長年の研究によれば、パターのストロークテンポとヘッド重量には大きな関連性がある。

 速いテンポのプレーヤーには軽めのパターヘッド

 遅いテンポのプレーヤーには重めのパターヘッド

で(ストロークが)安定する。

 

B・ワトソンはテンポが速め(1.6:1)

L・ウェストウッドは遅め(2.3:1)

 

ストロークテンポ              推奨パター

1.7以下(速めのテンポ)    標準~軽めのヘッド重量のパター

1.8~2.2(一般的なテンポ) 標準~重めのヘッド重量のパター

2.3以上(遅めのテンポ)    重めのヘッド~カウンターバランス

ーーーー

私の感覚としては昔から重めのパターを気に入っています。

ストロークはゆっくりリズムの遅めのテンポですが、こういう理由があるとは知りませんでした。

 パターの選択には「Dさん」が良いデータを示してくれています。

「パターの種類について」

ちょっと専門性が高すぎますかね。質問は私宛てにあっても答えられません。その場合はDさんにお願いします<m(__)m>。

 

いつも最後までご覧頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス