外挿は難しい | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

練習グリーンでは目一杯長い距離を転がしておけとよく言われます。

 

これをやっておくとその日の距離勘(距離の実現力)がそれほど狂うようなことはないからで、私も必ずやっています。

長い場合の距離勘をスタートする前に身につけておくと、それよりも短い距離の場合は距離勘を作り易いからですね。内挿は容易です。

 

逆に、長い距離の練習をしていなかったり、練習した距離以上の長いパットが必要になった場合には、なかなか距離勘が合いません。

外挿は難しいと言えます。

 

極端な比喩ですが、1mの練習しかしなかったら10mはおろか5mでも距離勘は覚束ないと思いますので、やはり外挿法は難しい、ということですね。

 

距離感(距離の観測力)の場合も同じで、スタート前に10mを目視や歩測で把握しておくと、それ以内の距離は目測でかなり正確に把握できます。しかし、こうしていても20mを目測するとかなり狂いが出ます。

 こんな時は、歩測すると正確に測れます。

時間の無い時には、半分の距離を歩測して2倍するというのが実用的ですから、距離の把握はほぼ正確に出来ます。

 

しかし、距離勘の方はそうはいきません。

こんな時の外挿法は半分の距離(の位置)で素振りして距離勘を作り、それを身に付けたうえで全体距離のところからその2倍の距離勘を作ってから実打するとそんなに大きな外れは無くなります。

 

ツアーでは、半分とか3分の1の距離で素振りしている場面を見かけますね。あれです。あれは、微妙なタッチを正確に作るためにやっているわけですが、あれほど正確には出来なくても真似するに値すると思います。

 

今日も最後までご覧頂き有難うございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス