コツを活かすと転がりも良い | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「振り子式のコツ」を活かすと、転がりも良くなります。

 

過去に実験したデータでは、振り子式で実効ロフト0°でアッパーブローにストロークすると、転がり距離は≒10%伸びます。

 これは、固有ロフトの通りにインパクトした場合に比べてのデータです。

 

実験は自作のロボットを使って行いました。

「パッティング・ロボット」

 

これ、D・ペルツさんのロボット「パーフィー」よりも工夫がしてあります。あの山田パターの山田さんのロボット(→「完全なシミュレーションは可能か」)もこの工夫は採り入れられていません(笑)。

 どこが違うかというと、お二人ともパターを自然振り子のままとしています。これですと、パターの運動エネルギーはインパクトでそのほとんどがボールに伝わってしまうので、インパクト以降でフォローが極めて小さくなっちゃいます。

 人間が振り子式でストロークしたら違いますよね。

フォローの方がむしろ大きい!(人間様は体の中のエネルギーでストロークしているからです)

 なので、補助振り子を加えて、人間様のストロークに近い動きが出来るように工夫したわけです。

 

「振り子式のコツ」を活かすと、転がり理論通りのパッティングが実現できるので、転がりも良くなります。

「理想の転がりを得る打撃条件とそれを得るストローク」

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス