上半身のリラックス | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

アマチュアの方は上半身に力が入り過ぎて、下半身がばらついてしまう方って結構多いですね。私の友人にもいます。その方はショットのダウンに入る瞬間に左足が暴れます。これを治さないと次の上達はないですよね。パットも同じです。

 

「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド刊)には次のような一節があります。略して引用させて頂きます。

ーーーー

上半身のリラックス感は下半身のリラックス感と逆比例する性格があるので、、上半身の力を感じないようにするには、必ず下半身は、力を入れて固定しなくてはいけない。

 

下半身を固定する(下半身が動いてしまうことを防ぐ方法は→「致命的な原因」でUPしました)以外に、次のようにアドレスを工夫すると、上半身のリラックス感を得られやすい。

①アゴを引いて、見下ろすような前傾の弱いアドレスをする。

②両肩を上げると肩に力が入り固くなるが、両肩を下げると楽になる。

③ストロークの直前にスーっと息を吐いて止める。

 

リラックスしようとして全身の力を抜いた場合はストロークした時に体が動きやすい(*1)。

ーーーー

 

*1:このような時にパットしたら、ストロークの軸がフニャフニャで良いパットは得られないですね。

例えば、息を吐いてリラックスするのは良いですが、その後でアドレスの下半身の固定をもう一度確認することが必要です。

 やり方はいろいろありますので、上記リンク先(過去記事)をご覧願います。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス