アイラインがスクエアなら | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

アイラインがスクエアなら、構えはオープンでもクローズでもOKと仰るのは「ロジカルパッティング」(吉田洋一郎著 実業之日本社刊)の一節です。

一部を引用させて頂きます。

 

ーーーー

カラダの向きはスクエアが絶対ではない。

アイライン(*1)がアドレスもストローク中もターゲットラインと揃うなら、カラダはどんな向きでもOK。

 

オープンやクローズの方が正しいアイラインにセットできて、ストローク中もその向きが変らないタイプもいる。

ーーーー

 

*1:左右の目を結んだラインのことです。

  これがターゲットラインを向いていれば、体の向きはどちらでも良いという解説です。

私(Green Keeper)はスクエアスタンスをお勧めしていますが、それはアイラインもターゲットラインに合わせやすいからですが、オープン・クローズは左右の脚への体重のかけ方でも向き不向きがあります。

 

〇クローズが向いてるのは:左足体重でストロークする方

  右フトコロが広いのでテークバックは採り易いが、フォワードストロークは行いにくい。左足体重にすると、左足の上でストロークする感じになるので、フォワードスイングも苦しくならない。

〇オープンスタンスが向いてるのは:右足体重でストロークする方

  左が開いているので、フォロースルーで左腰が邪魔にならない。

 

こういうことも考慮の上でアドレスを考えると良いということですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス