ストローク、キモのキモ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ショットのスイングでは、ビジネスゾーンが大切と言われてます。

パットではアヤコさんは「ボールの手前10cm、先20cm」が真っ直ぐにストロークすることが大切だと仰います。

 

重要性は誰でも理解できますが、じゃあこれを実現するにはどうしたら良いの?という質問にはなかなか答えてくれませんね。

 プロは多くの練習を経てこれが身に付いていますが、我々は時間のない中でこれを習熟するにはどうしたら良いのか、アマ共通の悩みです。

ショットに関しては、ハーフスイングに習熟すればフルショットも上手く行くと「さたさん」は記事になさっておられます。

「ハーフスイングの重要性」

 

私が心がけているのは、ショットでもパットでもダウンの半分まではゆっくり行うということです。

ショットではハーフウェイダウンまでは意識的にゆっくりとスイングする。

パットでは(私は振り幅で距離勘を作ります)

ダウンの開始からインパクトまでのストロークの≒半分までは意識的にゆっくりストロークする。

 これで、インパクトも正確になるし、距離勘も上手く作れます。

 

このやり方は万人共通なのか、どうかは分かりません。

ショットやパットのインパクトが今一つ芯を喰わないと感じている方は是非お試し頂きたいスキルだと思います。

インパクトの音が違ってきたらご自分にマッチしているスキルと言えます。

あ、そうそう、アプローチでも同じです。そもそもこのことに気が付いたのは、APイップスを長いこと患って「道具屋さん」に指導を乞い、その練習過程でした。で、今はイップスなんて何処吹く風です(笑)。

道具屋さん、ありがとうございました<m(__)m>。

 

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス