ストロークのキモ⑥ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ストロークのキモ⑤」に続きます。

 

ーーーー

ところで、オーバースピンをかけて打つときの心構えとしては”左肩を上げて打つ”ということが最も大切なのであるが、この他に”転がすように打つ”と言う気持ちも大切である。

 

転がすように打つと、自然にインパクトでハンドファーストになり、遅れたヘッドで球を引くような感じの動作になる。

 往々にして、打とうとしてハンドファーストを崩しやすいが、転がすように打つと、打つという感じが弱くなり、腕がスムーズに出て、ソフトなタッチでストロークできる。

 最近、スムーズにストローク出来ないと感じている人は、転がすつもりで打てば、スムーズさを取り戻すことができる。

 

ベン・クレンショウは、パッティングの名手であるが、彼のスムーズでソフトなストロークの秘密は、ロフトをゼロにして、転がすように打つからである。

ーーーー

 

パットは打つものではなく、転がすということですね。

なお、パッティングで大切なのは、日頃からの心つもりとして「インパクトは芯を捉える」という意識が大切です。こういう練習を続けると、現場でも自然に芯を捉えるパッティングが出来ます。不思議に思うかもしれませんが、そのように人間の体の中の制御系が働いていて、それを続けることでいつも芯で捉えるということにつながります。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス