ストロークのキモ④ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ストロークのキモ③」に続きます。

 

ーーーー

昔からフォロースルーは”低く長く出せ”という忠告を良くする(*1)。

アッパーブローは、高く出すので、逆の理論である。

 

低く長く出せと言うのは、一見、水平に打てという印象を与えるが、水平に打てば、パターのスウィートスポットより球の芯の高さの方が高く、上下に合わないので、水平に打てという意味に解釈することは適切でない。それよりも、アッパーブローに打ちすぎるのを戒める忠告と考えたほうが良い(*2)。

ーーーー

その理由については、続きます。

 

*1:多くのティーチングプロの方はこう指導されるんじゃないかと思います。例えば宮里優さんがそうですね。D・ストックトンさんは「掃くようにストロークせよ」と、その著書の中で述べておられます。

 

*2:私もこう考えています。

 昨日紹介した世界で唯一の転がり理論(←大袈裟ですが、事実です!)「理想の転がりを得る打撃条件」では、頚骨を中心とした円弧上にヘッドがあります。敢えて低く長く出す必要はありません。

自然なフォローを出せばそれがアッパーブローになり、それで正解です(笑)。

アッパーに打つと言うと、インパクトの瞬間にボールを擦り上げるようなストロークをなさる方が多いです。そういうストロークをさせる方でパットの名手は今までにたった一人しかお会いしたことありません。そういうストロークをされる方は皆さん一般にパット下手です。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.