ストロークのキモ③ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ストロークのキモ②」に続きます。

 

ーーーー

オーバースピンをかけるためには、球の赤道面を打つのが最も良いが、赤道面を打つためには、わずかについているパターのロフトをゼロにする必要がある(*1)。

 ロフトをゼロにするためには、ハンドファーストにする必要がある。

 普通、アドレスでパターのロフトをゼロにすると、左手の甲と前腕の外側で作る線が、だいたい直線に近くなる。

 ハンドファーストにあまりなってなく、逆くの字になっている人が多いが、そのまま打ったのでは、赤道面の下を打っていることになる。

 

ロフトをゼロにするのは、アドレスでゼロにしておくか、または、フォワードプレスでゼロにした方が、ストローク中、左手や前腕を使わないで済むので正確である。

ーーーー

 

*1:これは私(Green Keeper)が発見した転がり理論と合致します。

   →「理想の転がりを得る打撃条件」

 即ち、実効ロフト(インパクト時のロフト)=0°で赤道面に当て、アッパーブローにストロークすれば、ボールのだ出しからトップスピンがかかって転がります。これ、パットのキモの1つです!

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス