スゥェイを防ぐ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パッティングではどんな打ち方でも、必ず支点があって、その支点を動かさないでストロークすることが大切です。

スウェイして正確にインパクト出来てない方がおられたので、基本的なことですが記事にします。

 

スウェイ防止には次のことに注意すると良い

  (「パッティングの教科書」芝草順二著 マサランド刊より)

 

A.下半身をしっかりと固定する

 

B.支点や軸をはっきり意識し、動かさないように気を付ける

  パッティングの調子が良くない時は、たいてい支点を意識していなかったり、意識しようとしても出来ないことが多い。こういう時はスウェイしているから調子が良くないのである。

 

C.フォワードスイングを右腕に頼り過ぎない

 タッチは、右手・右腕を使うとつかみやすいので、それに頼り過ぎる傾向にあるが、右手・右腕に頼ると、頭が一緒に左に動きやすい。

 フォワードスイングは、体の左サイドの左肩・左脇腹の引きと右サイドの押しのバランスが取れたストロークをすれば、パッティングに大切な距離と方向が良くなる。

ーーーー

 

A・B・Cともショットと同じです。

ショットもパットも右も大切ですが、6:4くらいの重さで左を意識したほうが良いのではないでしょうか。

 これは私(Green Keeper)の感覚ですが、左重視のほうがショットでも正確性が高いように思います。

 

但し、初心者の方は、パットの場合は動きが小さいので、フィーリングを重視するあまりに、身体の動きのうち止めておくべきところが疎かになった結果スウェイしてしまうということになり易いわけですね。

少しのあいだ、こういうA・B・Cの意識で続ければ直ぐに習熟できるスキルです。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス