下りの曲りは大きい | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

アマは曲りの読みかたが小さいと言われてますが何故なんでしょうね?

 

経験の差としか言えない、先日こんなことがありました。

 

かなり傾斜のある下りのスライスラインで≒5mのところに私を含め3人のボールが近くに乗りました。

 

少しだけ私が一番遠くなので、最初のパッター。

 

私なりにアドレスしたところ「そんなにふくらます?!」と2番手パッター(私的なRNDですから、好き勝手に言ってます)。

承知の上でアドレスしているので、そのままパットしました。

結果はカップの左すれすれに外れて1m下に。

 

2番手パッターはふくらみが小さくカップの右≒50cmを抜けて下≒2.5mに。

 

これを見た3番手の方は、私と同じく大きく膨らませ、加減のし過ぎのように見えたもののカップ≒50cm上に。

 

2番手パッターは私の転がりを見ていなかったとしか言いようのないラインの取り方でした。私のタッチは見ていたようで、ほぼ同じ初速で転がっていましたが、ラインが薄い分だけ多く転がったわけですね。

 

私のパットは外れましたが、少なくとも右(下)を通過しなかったので、これはストレスにはなりませんでした。

2番手さんは私のラインとタッチを見てたはずなので、もう少しライン取りの研究の余地はあったはずですよね。浅く読んだのでいわゆるアマラインに外れたわけです。

 

このくらい傾斜があると、強くは打てないので、ボールは出だしから切れて行きます。なので大きく膨らませないと決して入るチャンスはなくなります。

これはひろしさん「難しい下りのスライスラインの練習法」が参考になります。

 

で、今回の私は練習通りには出来たからストレスが無かったです(笑)。

入らなかったけど(爆)。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス