ショートパットに適したストローク4 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ショートパットに適したストローク3」に続きます。

 

ーーーー

肩と腕の力を最大限抜いて肩で打つ

 アドレスは、両腕の内側の筋肉に力を入れて両脇を軽く締め、腕と肩で作る五角形をイメージしたら、ハンドファーストにしながら息をハーッと吐いて両肩をだらんと下げて肩の力を抜き、頭を上に引っ張る感じで首筋を伸ばす。

 グリップは、両手を開き気味にして小指から握り、内側の筋肉に力を入れる。

 ストロークは、五角形を保ったら腕を動かそうとしないで、肩だけで上下回転させて打つ。

 

 ショートパットは、リラックスして打てないことがミスストロークを誘発する最大の原因である。

 このように肩の力を抜いてリラックスするとプレッシャーには負けにくくなる。

ーーーー

 

これも、分かっていてもなかなか出来ないですね。

その場面では、どうしても「入れたい」という強い気持ちが緊張を生み、体の動きを固くしてしまいます。

 そんな時、入らなくてもいい、やるべきことをやってそれが出来たのに結果は入らなくても、その時は諦めよう、と割り切ると良く入ります。

 

それに、頭を上に引っ張るという意識。

これは歩くときの良い姿勢の作り方ですね。

パットでも良い姿勢を作って、と一呼吸入れると落ち着いてストロークを正しく行えると思います。

 

何よりも肩の力を抜くというのが良いですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス