ショートパットに適したストローク3 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「ショートパットに適したストローク2」に続きます。

 

ーーーー

右肘を少し中に入れ、右肘を支点にして打つ

 アドレスで右肘を少しヘソの方に押し付けて腹につけ、右肘を支点にするつもりで打つと、左肩、左腕を動かしやすくなるのでスムーズに、しかも確実に打てる。

 右肘は、少し中に入れたほうが左肩を動かしやすい。

 また、バックスイングは、左肩でヘッドを動かすつもりで行うとより正確に打てる。

 50cm以内のパットを簡単に打つのは、この方法が最も打ちやすい。

ーーーー

 

ショートパットでなくても、テークバックの始動に左肩で行うと、真っ直ぐに行えます、余程グリップ圧が高くない限り(笑)。

 逆に言うと、これで真っ直ぐに引けない方は、ほとんどグリップ圧をZEROになるまで下げて行けば良いということになります。

 

真っ直ぐにテークバックしないと気持ち悪いけど、思うようにそうできないと感じている方は、この方法是非お試しください。

 

それと、本題の右肘を脇腹に寄せると、安定感が出てきて、ショートパットをストレスなしで行えます。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス