パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング13」に続きます。

 

ーーーー

全てをスクエアにしたアドレス

 スクエアスタンスで、肩・腰・膝の線を目標とすべてスクエアにすると、ストロークの方向が狂いにくい良さがあるが、次のように感じることがある。

 

A.人と話すとき、半身の形で話すと気分的に楽になる。

 スタンスでも、左肩を多少開くようにすると、息苦しさ・堅苦しさを感じない。全てをスクエアにすると緊張しやすいパッティングをより緊張させやすい。オープンスタンスは心臓に負担のかからないスタンスである。

 

B.肩をオープンにすると、ラインが見通しやすく、フォロースルーし易い。また、気持ちの上でも、フォロースルーに意識を集中させやすい。従って、バックスイングが無意識になるので、スムーズにストロークできる。肩をスクエアにすると、こういった感じを出すのが少し劣る。

 

C.体の構造上、腕は前後に動かしやすいが、パッティングのように左右には動かしにくい。また、横向きで腕を左右に振ると、バックスイングが目に入り易いので、バックスイングに注意がいきやすい。

 目標と体を正対させてストロークするサイド・サドル・パッティングは、こう言った欠点が全くないのが長所である。

 この良さが肩を少し開いたオープンスタンスにすると出てくる。

ーーーー

 

著者の言う通りですね。

しかし、私(Green Keeper)はオールスクェアにアドレスします。

確かに始めは堅苦しいですが、パットに限らずゴルフの求める動きは全て初めは型ぐるしいです(笑)。

 何故、オールスクェアが良いかというと、方向が正確に定められることと、不調になってもアドレスの向きを見直す必要がないからです。グリーン上の変数を少しでも少なくしたいという考え方です。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。