スムーズなバックスイング10 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング9」に続きます。

 

ーーーー

Y字形のアドレス

 ハンドファーストにしないで、球の上にグリップを持ってくると、両腕とシャフトがY字形になる。

 ショルダーパッティングの場合、ハンドファーストなら左腕で押し出しやすいが、グリップが球の上にあると、左腕で押すより、右腕で引くようになる。

 

 バックスイングは、右腕で引くより、左腕で押したほうがスムーズに行えるので、典型的なY字形のアドレスをしないほうが良い。

ーーーー

人間の身体って左右対称にすることって難しいですよね。

この「Y字形」アドレスって、イメージとして良いと感じられた方もおられると思いますが、やってみるとずいぶんぎこちない姿勢になります。

パッティングではハンドファーストのアドレスが構えやすいと思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス