スムーズなバックスイング6 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング5」に続きます。

 

ーーーー

静止した状態からバックスイングする

 アドレスで、静止した状態からバックスリングするのは、精神的に楽な状態であれば良いが、なかなかスムーズに行えないものである。

 静止が長くなればなる程上手く行えない。それを嫌って、ヘッドを合わせたら、すぐストロークする人もいる。

 また、打つ前に一旦パターを球の前に置いてから打つ人もいる。

 これによって一定のリズムを出しているのである。上下にヘッドをワッグルする人もいる(*1)。

 いずれにしても、まるで儀式を行うかのように、一定の順序でパッティングすることは効果的である。

 

ショットでは、フォワードプレスを行う人が多いが、パッティングでもスムーズなバックスイングをするために行う人が多い。

 

『パッティングのフォワードプレスについては過去ログで紹介させて頂きました。→「ミケルソンのパット」

 あ、この過去記事をご覧いただくと、フォワードプレスはタイミングを取るだけでなく、ボールの転がりを良くする効果もあることもご理解いただけると思います。』   ←『 』内はGreenKeeper追記です。

 

このように静止した状態からバックスイングしにくい原因は、バックスイングが気になるからである。アドレスしたら、フォワードスイングのこと、つまり、距離のことだけを考え、、バックスイングをまったく無意識に行えば、スムーズにストロークできる。

 ショルダーパッティングの場合は、左肩や左脇腹のリードで、フォワードスイングすることだけ考えていればうまくいく。

ーーーー

 

*1:松山英樹は、あらゆるショットやパットでも、ヘッドを上下に5回ワッグルしてから本打に入ります。彼はこれでテークバックのタイミングを取っているんですね。5回って長いですよね。

 私はショットのタイミングは上下のワッグル2回、それも松山のようにゆっくりではなく、トントンと2回したらテークバックに入ります。

 また、パットはフォワードプレスしてからテークバックに入ります。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス