スムーズなバックスイング5 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング4」に続きます。

 

ーーーー

左サイドリードのフィーリングになっていない

 

 バックスイングは、右腕で引くより、主に左肩・左腕で押したほうがスムーズに行える。

 しかし、どうしても右利きの人は、本能的に右腕に頼りやすいが、絶対に左サイドのリードでストロークするクセを付けなければいけない。

 

普通のショットが左サイドのリードで行えている人は、パッティングでも、左サイドのリードで行えている。右腕に頼っている人は、だいたいパッティングでも右腕に頼っている。

 

しかし、いつもは左サイドのリードでパッティングしているのに、時として、このフィーリングが出ないことがある。

 こういう時にこのフィーリングを思い出すための良い方法がある。

 ショットで「壁を作って打つ」という例えの表現をするが、パターを持って、壁を作るつもりで素振りをすると、左サイドの筋肉の使い方を思い出せるので、左サイドのリードでストロークできる。

 また、この素振りをすると、フォワードスイングだけに意識が集中し、バックスイングが無意識になれるので、バックスイングがスムーズに行えるのも良い。

ーーーー

 

ゴルフを少しでもやって、一度でもパットに悩み、ストロークを考えて練習した経験のある方は、右腕主導でストロークしてる方はいないと思います。ただし、左腕と左肩を一体としてストロークされるとは限りません。一体でストロークすることに取り組んでみると更にスムーズにテークバックできていることに気が付くと思います。

 

明けましておめでとうございます。

昨年中は「いいね!」と「ブログランキング」に投票頂き誠にありがとうございました。

今年もパットに悩む方のお手伝いが出来れば良いなと頑張りますのでどうぞよろしくご支援のほどお願い申し上げます<m(__)m>。

 


今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス