スムーズなバックスイング3 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング2」に続きます。

 

ーーーー

腕に頼る

 ショルダーパッティングの良さは、左肩・左脇腹といった不器用で、大きな筋肉を使ってストロークするので、スムーズにストローク出来ることである。

 ところが、どうしても器用な腕や手に頼り易い。

 腕に頼ると、腕に意識が行くので、腕がスムーズに動かなくなるものである。

 

スムーズにストロークするためには、腕は一切忘れ、左肩や左脇腹でフォワードスイングすることだけ考えてストロークすることが、最も大切である。

ーーーー

 

 感性を生かそうとすると、器用な腕や手先を使いやすいですね。

これは人間の本能だと思います。

 ゴルフの動きは、その本能を否定するようなことをいろいろと要求してきます。これもその一つですが、始めはなかなか上手く行かない。

 だからゴルフを極めるには求道者の気持ちーーって、求道者になったことないですが(笑)ーーが必要で、それを楽しめる気持ちの余裕が大切かと思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス