スムーズなバックスイング2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング1」に続きます。

 

バックスイングでヘッドがふらつく

 このような経験を、誰でもしているものであるが、原因としては次の2つが考えられる。

 

一つは、右肘が脇腹についていないばあいで、これが最も多い。

右肘が脇腹についていないと、腕がどのようにでも動くので、コントロールしにくいからである。また、腕に頼ったストロークになることも原因である。

 右肘は、軽く脇腹につけ、こすって左右には動くが、前後には動かなくすることが大切である。

  ストロークした時の右肘の動きは、ストロークの方法や距離によって違う。低く長くフォロースルーする場合は、右肘が大きく動くが、アッパーブローに打つ場合は、右肘をあたかも「梃子」の支点のようにして、左肩を上げるので、あまり動かない。

 この違いを良く理解することは大切である。

 

もう一つは、パッティングの調子が良くない時に、よく、フェイスを真っ直ぐに引こうとして、ついヘッドを見ながらバックスイングすることがあるが、だいたい腕や手に頼りがちになるので、ヘッドがふらつきやすい。

ーーーー

 

右脇を完全に開けてストロークする方はおられないと思いますが、右肘を着ける程度の問題は、ストロークをスムーズに行う上で大切です。

どの程度つけるかはご自身で試してみて最適な程度を探すことになります。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス