スムーズなバックスイング1 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「スムーズなバックスイング0」に続きます。

 

①バックスイングに意識過剰になる

 フェイスをスクェアに戻すためには、バックスイングの方法が肝心であると思って、良く考えるのであるが、チェックが多すぎると、(バックスイングはフォワードスイングのための動作であるが)バックスイングが主になって、あたかもバックスイングするためのストロークになり易い。

 

これを”バックスイング注意症”と言っても良いが、この病気は、普通のショットのときにも起る。

 こうなると、たとえバックスイングは上手く行っても、フォワードスイングは上手く行えない。

 スムーズにフォワードスイング出来ないので、距離も方向も悪くなる。

練習でチェックを行う事は構わないが、本番でストロークするときに考えることは距離勘(原文は感、以下同じ)だけにして、バックスイングは無意識に行う。

ーーーー

とは言うものの、フラフラしながらのバックスイングは自分でも気持ち悪いものですよね。そういう場合の対症療法は①グリップ圧を極端に小さくすることと②ゆっくりとテークバックすることです。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス