グリップ圧力 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

クローグリップ専用のグリップがあれば良いなとつぶやきました。

「専用グリップ」

 

クローグリップをやってみて、ロングパットでは距離勘が合わないので、今のところ普通(順手)のグリップに戻しています。

RND中に戻したのですが、意外な効果が得られました。

 

順手に握って、ショートパットをする時に、今まで以上に柔らかなグリップ圧力で握っていることに気が付きました。

 なので、待てよ、これを続けてみようということになりました。

柔らかく握ったグリップでストロークするとスムーズにストロークできると再認識です。ストロークの全行程を通して、グリップ圧を変えずにストロークすると、ヘッドの重さを感じることが出来ますので、微妙な曲がりの下りのタッチにも意図したとおりに打てます。

 

「グリップの強さ」について「パッティングの教科書」(芝草順二著 マサランド刊)では次のように解説しています。

 

ーーーー

グリップをどのくらい強く握るかは、次の三つの条件を満たす強さであることが大切である。

①ストローク中パターをコントロールできること。

②腕が固くならず、動きやすいこと。

③タッチが十分得られること。

(中略)

全体的なグリップの強さを、グリーンによって変える場合がある。

速いグリーン、或いは下り斜面の場合は、デリケートなタッチが要求されるので、軽い(握りの)グリップにする。遅いグリーンは、球をしっかり打つ必要があるので、グリップを強くする。

 

タッチは、グリップが緩すぎては良くないが、軽く握ったほうが鋭くなる。

タッチは、大部分を感覚の鋭い右手でつかむものであるが、タッチを得やすくするためにも、右手のグリップは軽くする必要がある。

(後略)

ーーーー

 

軽くとか、柔らかくとか抽象的な表現になっていますが、これらはいずれも個人の感覚でそれぞれ違ってくると思います。

最大の握力で握ったのを100として、何段階かに握力を変えてストロークしてみると、ご自分の最適なグリップ圧が見つかると思います。

 現在のGreen Keeperのそれは30%弱です。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス