専用グリップ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

片山晋呉や宮里優作はクローグリップです。

宮里は特にこの1年間で、飛躍的に平均パット数が良くなりました。

その理由の一つは「クローグリップにして何か得るものがあったのでは」と丸山茂樹に言わしめています。→「JT杯最終日2017」

 

であるならば、と試したくなるのが人情ですね。やってみました(笑)。

にわか勉強なのですが、ショートパットには良い感触が得られました。

特に今まで以上にグリッププレッシャーを下げて握るのがキモですね。

 

ロングパットには未だ距離勘が合いません。

これは、練習で身に付ける以外に特効薬はなさそうです。

 

これはツアーのように12feetないしそれ以上の速いグリーンであれば、距離勘もあってくるかも、です。私が試したのは9.5feetという一般ゴルフ場の普通の速さです。

 

どうやら、微妙なタッチに向いているように思います。

 

しかし、右手合谷(近く)にブリップを添えるのですが、普通のグリップではちょっと一体感が出ません。

 

グリップメーカーさんはクローグリップ専用のグリップを発売して欲しいな、と感じた次第です。

 今はまさに注目されているわけですから、発売したらベストセラー商品になりますよ、きっと。

あ、責任は取れません(笑)。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m