アドレスの向きの狂い | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ショットの場合、アドレスや肩の向きや腰の向きはボールの方向誤差や球筋に大きく影響するし、見た目に誰でもわかるので、指摘されたりして修正しますが、パットでは殆どの方が指摘しない(私もしません)ので、自分で気を付けるしかないです。

 これって不公平(笑)です。ショットが優位にありパットは粗末にされている(爆)。

「パットに型なし」と言われてきた後遺症とも言えます。

 

比較的長いミドルパットやロングパットの場合、アドレスの向きが転がり方向への誤差として効いてきます。フェースの向きはかなり正確に合わせることができますが、腰や肩の向きをスクェアに構えるには注意が必要です。

 

アドレスに入って、ボール方向を向くときに、身体を開いてしまう傾向にあります。これ、ショットもパットも同じく公平です(笑)。

パットの場合、目立たないし、自覚出来にくいのですが、少し開いている(左を向いている)ことが多いです。ショットの場合は、右を向いてしまう方が多い(アマの80%はそうしていると指摘される指導者もおられます)ですが、パットではむしろ開いてしまう方が多いです(*1)。

 

これはアドレスに入ってからボールやラインを再確認するときに目(頭)で見るだけでなく体も左へ向いてしまうことが原因で、頭を本来位置に戻したときにも腰や肩の位置が完全にスクェアに戻っていないからです。

 

で、どうすれば腰や肩がスクェアに戻せるか。簡単です。

 

ラインやカップから目を戻した時に、元のスクェアにするには、この時点でラインと直角方向に真っ直ぐに立てばいいだけのことです。

 これも意識的にラインに直角方向に真っ直ぐ向くということが大切です。

パット練習のときに、鏡に向かって真っすぐに立てているかチェックなさると良いと思います(私はドアのガラスで我が身を写し、その醜さに蝦蟇の油を流しています)。

先日UPした「俄かルーティーン」の足踏みしながら、ラインと直角方向を向くとやり易いです。

 

バリッと決まったら、もう左は向かないくらいの慎重さも必要です。

 

以上はアドレスをスクェアに取る方に有効で、こういうことも含めて私はスクェアなアドレスをお勧めしています。クローズやオープンに構えると不調に陥った時に戻る姿勢の原点が見つけにくいからです。

 スクェアであれば、いつでも原点に戻れますよね。

 

*1:山田パターの山田さんは向きが2°狂えば2m先のカップインは無理と指摘されています。これは幾何学的にそうなることです。

 山田さんはフェースの向きで仰ってますが、体の向きが狂えば転がり方向も微妙に狂うわけで、パット功者の皆様はこういう事にも細心の注意を払っておられるので、長いパットも入るわけです。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス