3ツアーズ選手権 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ツアーの試合に比べると少し興奮度が低いというのが実感ですが、学ぶことが多い1日でした。

今回はJGTOが7度目の優勝、9年振りの連覇です。順当ですね、勝って当然だと思います。

 

○宮里優作のパット

  平均パット数が1年間で格段に良くなった

  昨年は 1.8065 73位

  今季は 1.7420  1位  理由として、丸山茂樹は

 クローグリップにして、自分の何かを確立できたのが大きい。

 また、メンタル面やバランス(が良くなって)、コントロールが効いていると解説していました。

 

「宮里優作のパット、パター1」「宮里優作のパット、パター2」を併せてご覧いただくと飛躍的な上達の秘密に迫れる、かもです。

 

○キム・ハヌルのパット

  第2ステージ(ダブルス・フォアサム)での#6でキム・ハヌルのパットが映りましたが、明らかにミスパットで右に外していました。

 芯で打ててなかったですね。 JLPGAのトップ選手でもこういうことがあるんだと驚かされました。 

シーズン中、賞金レース首位を走りながら、終盤で鈴木愛に逆転されたのは、パットに課題があったことを想像させました。

パットは芯で捉えることが何よりも大切です。

「芯で捉えるには1」「芯で捉えるには2」でUPしましたが、日頃から出来ているかの検証も必要です。

 そのことについては明日UPいたします。

 

○枯れ葉がなくなった

  これも第2ステージ(ダブルス・フォアサム)での#8でしたが、米山剛が左下カラーからパターでアプローチしましたが、いつの間にか枯れ葉が消えていました。P・マークセンのボールはグリーンから傾斜で転がり落ちてきて、この枯れ葉で止まっていますので、取り除くにはボールが動いてしまう筈です。

 ツアーの余興としての意味もあると思いますので、「ルースインペディメントは自由に取り除ける」なんてルールが加わってたのかも、ですが(笑)。腑に落ちないところです。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス