パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

今季は宮里優作や小平智、金庚泰らは距離勘が良かったですね。

距離勘を良くするには、パターのスィートスポット(いわゆる芯)でボールの芯を捉える必要があります。

ところが、アマの多くはこれが出来ていないと大本研太郎さんは指摘されています。→「距離勘の正体1」「距離勘の正体2」

 

ツアーも終わったことですし、このオフに芯を捉えることに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

1.パターの芯を探す

 これが出来てないと芯で捉えることも出来ません。

 3歳の童でもパターでボールを転がせるので、甘く考えてる方が意外と多いのも事実ですね。

 

①フェースの左右方向で見た場合

  フェースの真ん中にはありません。少しヒール寄りにあります。

②フェースの上下関係で見た場合

  これも上下の真ん中ではないです。大体が少し上にあります。

 

③具体的には

  左手でパターヘッドを持ち、右手に持ったボールを5~10cm先からフェースに当てます。

跳ねかえったボールを続けて何度も連続的にフェースに当てます。

 その時、打音が柔らかく、左手に不自然な響きが伝わってこないところが芯です。

左の肘でシャフトを支えている場合には、芯を外してると、意外に大きくシャフトに不快な振動が伝わってきます。

 

これで、パターの芯が見つかりました。

どういうストロークが良いかは、明日に続きます。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。