鈴木愛の笑顔 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

今季最終戦(→「リコーカップ2017」)で、自力で賞金女王を手にした鈴木愛。

 

特に最終日は「自分が良いゴルフができれば」実現できるという意識でプレーに臨んだせいか、笑顔が絶えなかったですね。

 

従来は、ミスしたり不運に逢うと膨れっ面も出ていましたが、最終日にはミスしても、パットが入らなくてもそのような仕種は消えていました。

結果はこの日3〇ノー△の通算-5で7位T。

 

今季の平均パット数は、申ジエ(1.754)に次いでランク2位(1.758)でした。

 

練習熱心で練習グリーンに最後まパッティング練習しているのは鈴木だと言われていますが、「やってこのくらいなので、やらなかったら落ちこぼれちゃう。追い付かないから人一倍練習する」(*1)そうです。

 

TVに膨れっ面が映ることについては「TVに映るだけが私じゃなくて笑顔のことも多いんです」(*1)とも。

 

そして「笑顔でプレーすれば優勝も分かっている」とは取材記者の代弁です(*1)。

 

*1:「週間パーゴルフ」(2016年NO.37)から一部引用させて頂きました。

 

笑顔は気持ちの余裕でもありますね。

ゴルフに限らず、厳しい状況の時に厳しい顔つきをしていたのでは、打開の糸口も見えなくなってしまいます。

厳しくても先ずは笑顔からスタートですね。

 

来年は鈴木の笑顔がもっともっと見られるよう期待しています。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス