クロスハンドにする理由1 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

クロスハンド(Left Hand Low←江連忠さんの言い方)で握る選手が多い女子プロゴルフ界。

「女子プロたちがクロスハンドにする理由」という記事が「週刊パーゴルフ」(2017年NO.17)にありましたので、要点のみ引用させて頂きます。

 

1.吉田弓美子

  (「フジサンケイL2017」では最終日#17で≒13mのパットを決めています)

 「アンカリングが禁止になって、ノーマルなパターに戻したが、クロスハンドにして左手主導にすることで、長尺パターを動かすような感覚で振れる。フォローでヘッドを低く出すようにすると、ボールの回転が良くなる」

 

2.表純子

 「10年くらい前から、ずっとクロスハンド。きっかけはショートパットに悩んでいたから。最初は違和感があったが、慣れると楽ですよ!

 私は右手主導で左手は添えるだけ。右手の中指・薬指・小指の3本でギュッと握っている。

 右利きで、右手を使い過ぎてしまう人や、ヘッドアップし難いので、ヘッドアップしてしまう人にもお勧めです」

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

 

「ペタ」出来るようにシステムが回復しました。

アメブロのスタッフの皆様、お疲れ様でした!

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス