鈴木愛流ストローク | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

鈴木愛は手元が浮くとパットを外へ外すので、手元を体の近くに置き、体の回転で打つと言います。→「ハンドダウンに構える」

 

そんな鈴木のパットのストロークが「週刊パーゴルフ」(2016年NO.32)にありましたので、該当部のみ引用させて頂きます。

 

ーーーー

ボール位置は左足踵内側。

左サイドに軸を意識して、テークバック1対フォロー2の割合で振る。

 

両肘を軽く体につけて、両腕で五角形をつくってストローク。

 

テークバックは真っ直ぐかインサイドに引く。

アウトサイドに引くと、ボールがつかまらない。

 

アドレスでは両肘が軽く体に接するくらいで構える。

肘が伸びて体から離れると、ボールの位置が遠くなりスムーズにストローク出来ない。

ーーーー

 

肘を真っ直ぐに伸ばし、身体からボールを話したアドレスは初心者に多いですが、かといってガチガチに両肘を固めてしまってもスムーズなストロークが出来ません。

日没までパット練習して得られた鈴木愛のストロークは基本と言えば基本ですが、パットストロークの本質をついているように思います。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス