HEIWA・PGM最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

3打差の2位から出たC・キムがこの日1◎3○3△と2打伸ばして逆転V(-6)。

キムは「ミズノOPEN2017」、「セガサミー2017」に次ぐ3勝目です。

これで賞金レースの首位に立ちました。

 

首位から出た宋永漢は#16(パー3)でティーショットを左にOB。この日+1と伸ばせず、池田勇太と並び2位(-5)。

 

更に1打差の4位にS・ノリス。

更に1打差の5位Tには宮本勝昌もいます。

 

キムは正直なところ、パットで稼ぐ選手ではないように思います。

この試合を終えての平均パット数は1.7874でランク44位です。

飛距離は断トツで320ydsはランク1位。

この日距離を活かしてイーグル率は6.22でランク1位です。

 

キムはパットでエイム・ポイント・エクスプレスを採用しています。
それを参考程度に使っているというところが良いのかな、とも思います。

そして、Left Hand Lowでグリップして、かなり大袈裟なフォワードプレスをしてから、パットのテークバックに入ります。

 これは、テークバックをスムーズに上げるうえで効果があります。

 

同じく逆転Vを狙った池田勇太。

「2位もビリも一緒」と不機嫌なコメントでした。

これは多分に最終ホールの≒1mのバーディパットを外したことで、1打追いつかなかった自分に腹を立てているんでしょうね。

こういう場面の気持ちはゴルファーならだれでも理解できますよね。

こういう発言で捲土重来へ気持ちを引き締めているのではないでしょうか。

今週末の太平洋マスターズが楽しみです!

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス