マイナビABC2017 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

こちらも2週続きで最終日が中止(JGTO初だそうですね)になりましたので、3日目の成績が最終となりました。

 

で、小鯛竜也がツアー初優勝(-13)。

1打差の2位は宮里勇作、任成宰、永野竜太郎。

更に1打差の5位に小平智でした。

 

ここは例年超高速グリーン(13feet超とも)に仕上げられることで有名です。

小鯛はジュニアのころからこのコースをよく回ったそうで、勝手を良く知ってることや、好天で高速となったこのグリーンに対応できたのが大きいですね。とは言え、ツアーでの本大会へは初出場だったそうですから、ラッキーもあったと言えます。

 

3日目は雨で一気に遅くなったグリーンに戸惑った(?)のか、#2(パー4)では3パットの△がありましたが、その後はタッチが合っていました(この日は5〇2△)。

 ご本人も「パッティングのタッチが3日間合っている」とコメントしていました。

 

ファッションというゴルファーには珍しい趣味を持つ小鯛はスリムな体からシャープなゴルフをします。

飛距離は291.7ydsでランク25位、平均パット数は1.77でランク25位。

 

小鯛のパット。

アドレスでは狭いスタンスで前傾も浅く、肩の上下によるストロークです。

スリムな体型ながらストロークの軸がしっかりしています。

目標(カップイン)への集中力が高いように感じます。

 

初優勝まで時間がかかりましたが、これをきっかけに宮里優作のようにブレークしてほしい選手ですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス