ショートパットこそ距離勘 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

先日紹介した真板潔のパット。→「外すシーンを思い浮かべる」

 

ショートパットは、一般には距離勘よりも方向が大事と言われますが、真板は「ショートパットこそ距離勘(原文は感、以下同じ)が大事」と仰います。

 

「週刊パーゴルフ」(2017年NO.15)から一部を引用させて頂きます。

 

ーーーー

練習グリーンでもオーバー目に打つ

練習グリーンでは、その日のグリーンの速さを掴むようにすると、ショートパットが距離勘よく確実に入るようになる。

 でも、そう聞くと、皆さん、カップまでぴたりの強さでボールを転がそうとする。 確かに、上手く打てればカップの入り口が広げられる安全な狙い方と言えるが、寄せワンでまとめたいときに、そんなナヨナヨとした弱気なパッティングがふさわしいとは思えない。緩んで、打ち切れず、悔いを残す結果になりがちだ。

 

そもそも距離勘良く打つ、というのは、カップを少しオーバーするくらいの強さで転がすのが正しい。従って、朝の練習グリーンでもカップのそばにボールを止めて満足していてはダメ。常に若干オーバーして止める距離勘を養うようにしてこそショートパットにも強くなれる。

 

微妙に曲がる程度ならカップを外さずに狙う

ショートパットで距離勘良く=少しオーバー目に打つということは、カップをストレート目に狙っていけるということ。

 よほど傾斜がきつい時は別として、微妙に曲がる程度のラインであればカップを外さずに強めに狙っていくべき。

弱めに打つと軽く右に切れそうなライン。こんなケースでは保険をかけて、カップの左端ギリギリを狙いたくなるが、完璧なタッチで打たないとカップインしない。少しでも強く打つとカップの左を通過したり、カップに嫌われる。この場合は、カップ左内側に狙いを定めて勝負。ただし、パンチを入れて強めにヒットするのではなく、バックスイングとフォローが左右対称の普段通りの振り幅を心がけてストロークすると良い。

ーーーー

 

後半の、カップを外さずに狙う時ですが、カップ内を狙う時はついつい強すぎる打ち方になってしまうGreen Keeperです。

 このような時のミスを防ぐには、カップの先何十cmまでのタッチで打てば入るということを慎重に読んで、その強さでストロークするのが良いですね。

やっぱり、タイトルのようにショートパットでも距離勘は大切!!

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス