一点凝視の効果 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「一点凝視はパットの基本」に続きます。

 

顎を(動かさないように)意識して、ボール位置を凝視したストロークをするとショットもパットも効果が高い(方向精度が良い)とUPしました。→「顎を意識する効果」

 

ではどのくらい効果があるのか、パットの場合でどうなるかです。

 

これは5mのカーペット上をドアに向って転がした結果です。

右の2個(黄色)は一点凝視(顎を意識)しないで転がした場合。

左の4個(白色)は一点凝視(顎を意識)して転がした場合です。

真ん中のカーペットのつなぎ部分を目標に、ドアの直前に止めるという距離勘で転がしています。このつなぎ目は打点位置まで続いてあるわけではありません。また、ドアにぶつかって戻ってきたものもありませんし、ボールどうしの衝突もない例です。ボールはありあわせのもので、打感や打音が多少違っています。

同じ5mを転がす場合でも、一点凝視(顎を意識)してストロークする方が方向精度が高いということが言えますね。

 

この例では、距離勘は優越つけがたい結果になっていますが、私のイメージでは距離勘も良いです。ワンボールに揃えて転がせば、距離勘の良くなることも想像できます。

 

お試し頂く価値は高いと思います。

 

なお、ボールが打たれてからどのくらいの時間我慢していたら(一点凝視を続けたら)良いの?ということになりますが、それは追ってUPいたします。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス