NOBUTAマスターズ | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

最終日が21号接近で中止、3日目の結果が最終順位になりました。

 

3日目に首位と2打差3位Tで出た上田桃子が6〇1△と伸ばして首位フィニッシュ(-11)してたので、これが最終結果でV。

2位は2打差で畑岡奈紗、申ジエ、藤本麻子でした。

上田は中京BSレディース(→「中京BSレディースOPEN2017」)に次ぐ今季2Vです。この時は3年ぶりでうれし泣きのVでした。

 

今回は3日目を終えて周りから「明日は中止になる」とたくさんの声をかけられたそうですが、ホテルではパットの部屋練を続けていたそうです。

以前にもUPしていますが、上田は中長距離のパットは軸のぶれないストロークをしていますが、短いパットに難があります。

その原因は(中長距離に比べて)ルックアップが早いことです。

 

今季は試合ごとに「勝つ」つもりで取り組んでいて「度胸」(←JLPGAのHPより)を胸に刻んで試合に臨んでいるそうです。

 上田のショートゲームはアメリカ仕込みで引き出しが多いのですが、ショートパットで度胸を発揮したら、今季これからも勝てそうですね。

この点は→「スイングのキモ顎」で触れました。

 

この試合の終了時点での上田の平均パット数は1.8117でランク23位ですが、ショートパットの課題をクリアーしたらランクも大きくUPするように感じます。上田のショートパットの外し方(外す方向)を見ているとヤキモキしてきます。→「右に外すな」

でも、この3日目(=最終日)の#14(3)第2打をピン左≒1.5mに乗せてのパーパットは頭が上がってなかったですね。強めに打って、カップを半周してから入りました。

Vが決まった後で、この時は「どうでもいいから入ってくれ」と考えながらこのパットを打ったとコメントしていました。「2日目、3日目は完璧なゴルフだった」とは岡本綾子の評です。

 

最終日は岡本綾子の解説で、主として上田の3日目のゲームについて上田ご本人とのレビューという放送になりましたが、これってゴルファーにとっては大いに参考になります。

 女子ツアー(JLPGA)ではわかりきったことを知ったかぶりのように解説(?)する方もおられますが、こちらのほうがゴルファーにとってはずっと勉強になる内容なので、偶にはこういう放送内容も歓迎です。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス