金谷拓実さんのパット練習 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

2015年日本アマチャンプに輝いた@金谷拓実(このとき高校2年生)。

先週はあわや日本オープンにも勝てるような勢いを見せてくれましたが、終盤で惜しいパットを2つ外して池田勇太に1打届きませんでした。→「日本オープン2017」

 

彼がどんなパット練習に取り組んでいるか調べたんですが、秘密のようです。(嘘)、見つからないだけです。NETや雑誌で調べた範囲ですが、以下の通りです。

 

ーーーー

(ゴルフを始めたのは5才からですが)中学生のころから、パターマットを使ったパット練習を毎日欠かさずに1時間続けている。

 

パターフェースの両側に爪楊枝を立てて(ガムテープとかセロテープで貼って)練習する。

こうすることで、芯を外した打点だと楊枝に当るので、集中してパターのスィートスポットでボールの芯を捉えられるようになる。

ーーーー

 

先週のパッティングを見ていると、ボールが撚れていません。

芯を喰ったパッティングが出来ていることが良くわかります。

 

但し、ラインの読みが甘いように感じられました。読むときの姿勢が高いという印象です。微妙なラインを読むときには(C・ビジェガスのスパイダー姿勢は極端ですが)姿勢を低くして(目線を出来るだけグリーン面に近づけて)読みますが、彼は比較的高い姿勢のまま、パターを胸の前で横たえて傾斜を読んでいるように見えます。

5歳から始めたので、その頃の姿勢は屈みこまなくても良かったので、その癖が今でも残っている?!(冗談です)。

 

それにパットに入る前のルーティンが確立されていない様にも見受けられました。

彼は「大学で(卒業まで)鍛える」とコメントしていましたので、これからこういう点を身に付けたら、松山英樹のようなゴルファーに成長するのではないでしょうか。

あ、体造りももっと大切ですね。

期待しています。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス