パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

終盤では1組前を行く藤本麻子が-11で2勝目を手にするかと思ってましたが、#17(4)、#18(5)と藤本に不運が続きお預けとなりました(*1)。

 

そんな中、土壇場の#18で右上≒2mのフックラインを真ん中から決めた吉田弓美子が逆転のV。

1打差の2位に藤本とイ ミニョン。更に1打差の4位に上田桃子とテレサ・ルーでした。

イ ミニョンは最終ホールで第3打を真下≒5mに乗せましたが、バーディーパットはカップ直前に止まり、吉田と並ぶことが出来ませんでした。

 

吉田は「フジサンケイクラシック2017」に次ぐ今季2勝目。JLPGA通算7Vです。

 

その時は高麗グリーンで打ち切れないことが多いからとカーボンシャフトのパターを使っていました。今回はスティールのシャフトでした。

グリップは「挿すだけでセンターシャフトと同じ効果が得られる」という○OPのグリップを使っています。

これでこのグリップ売れるんでしょうね(笑)。

 

シャフトも少し長めのように感じましたが、これはご本人が良い感じでストロークできるんだと思います。

以前、吉田は長尺を使ってましたが、アンカリング規制に対応してノーマルな長さのパターを使ってきました。それ以来Left Hand Lowでグリップしていましたが今回は順手でグリップしていました。そのため長めのパターで肘にゆとりを持たせてストロークをしているものと考えられます。

 

*1:藤本の2勝目は不運によりお預けとなったと言えると思います。

 #17(4)では、ティーショットが右にバンカー(BK)の縁。打痕に入っていてこれを左のラフへ。今度は潜って手前のFW。寄せてこれを決めれば△のところ決まらず□。△パットを外したのは打ち急ぎですね。左へ外してました。

 #18(5)では、ティーショットを右斜面。右FWへ出して第3打は右ガードBKの壁。ここあら左≒3m。スライスラインを決められず△。

 

S=11・2/3feet、C=22.5

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。