ストロークの軸 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

ショットではスイングの軸ということが重視されています(*1)が、パットではあまり言われない言葉です。

しかし、これ大切だと思います。

軸が正しく確保されたパッティングでは、意図したところで打点を得ることが出来るので、芯を喰ったパッティングが出来るからです。

 

軸の定番(笑)はいくつかあります。

背骨そのものを意識する方、背骨の後ろを軸として意識する方、もっと太い軸を意識する方、或いはもっと太く樽の中での回転を意識する方などです。

パットでは頸骨が軸だという方もおられます。

 

どれが良いとか悪いとかではなく、パットの結果に繋がっていて納得できれば良い訳です。ゴルフではイメージと実体(実際の体の動き)は大きく違うことが多いのですが、本人の意識で結果が良ければ、意識の通りに実体があると本人は認識しますから、、、。

ではどうしたら、自分で意識した軸がしっかりと維持できるかというとこれも人それぞれではないでしょうか。

 

私は以前は下半身不動を意識して、頚骨を中心にストロークしていました。今は少し変わっています。

 

①腰椎を意識する。

 具体的には第3腰椎、第4腰椎辺りを意識して背骨を反らせるくらいに軸を作ります。これでアドレスに入ります。

②スイング(ストローク)で意識するのは顎。

 顎(*2)が動かないように意識します。

 

これは練習(パット、ショットとも)の時であって、RNDでは何も意識しないですが、ショートパットでは意識するときもあります。

狙ったところに打てれば意識しませんが、ショットがぶれたりしたら、この2点を思い出してしっかり素振り。

すると次の1打は狙い通りとなります。

 

①と②がつながってしっかりした軸になっているというのが私の理屈です。

 

*1:例えば、「ゴルフ無名コーチ塾」「軸とボールとの距離を保つ」

 

*2:以前、道具屋さんが顎のことを記事(←検索したけど、記事見付からず)になさっていて、その時以来私も顎を重視しています。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス