トップ杯東海最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

今、旬な小平智ですが、この試合も金亨成に持って行かれるような展開でした。その金が名物ホール#16(3)で大トラブル(*1)で自ら後退(+3で通算-12)し、このホールをパーで凌いだ小平と時松隆光がこの時点で首位に並びました(-13)。

小平は#17(4)で下からの≒4mのパットを決めて○(-14)。

最終ホール#18(4)では、ティーショットを右深いラフ、レイアップしてFWからの第3打をピン奥1m強に乗せて「ここだけは緊張した」という下りのパーパットを慎重に決めて勝負あり、でした(-14)。

 

1打差の2位は時松。

更に1打差の3位に片山晋呉と金亨成。

 

今季、毎回のように上位に来ている小平ですが、今季初Vで結婚後初Vですから嬉しかったでしょうね。

「BSオープン2016」以来の通算5Vです。

 

小平のパットはストロークの軸が不動です。

ですから、安定した転がりが得られるんですね。

この試合を終わった時点で、平均パット数=1.7493でランク4位。

 

これがあるから、攻めのゴルフが出来る。

いま、小平は乗りに乗ってると言えます。

もっと勝っても不思議じゃないと思うのですが、、、。

 

*1:ピンは左。逆玉だったように見えたティーショット。左崖下からのリカバリーは木の枝があり高く上げられないし、急傾斜なのでワンクッションは採らず、右バンカーの右の斜面へ。

ここからは打てないと判断して敢えてバンカーへ入れ、ここからピン左上≒3mへ。ダブルボギーパットが入らずトリ。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス