カップに入るイメージ2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「カップに入るイメージ1」に続きます。

  ↑ここでのやり方に慣れてくるとパット力が数段UPします。

あ、これはJ・ペアレントさんが言われてるのではなく、私(Green Keeper)の経験から言えることです。保証します。

 

ーーーー

心(*1)の中の肉体的機能を司る部分は、イメージで動く。

野球やバスケットボールは競技者はターゲットのイメージに反応するのみであるが、ゴルフの場合ボールは静止状態にある。

 

意図したことのイメージを心にはっきり描けば、体は自然にそれを実現しようとする。そのイメージこそ”ターゲット”なのである。

 イメージが鮮やかであればあるほど、体はそれをより効果的に体現する。

 雑念や、意図せぬもののイメージは、良い結果をもたらす可能性を損なってしまう。

 

最高の結果は、実際のターゲットに関するイメージに体が機能的に対応することから生まれる。だから、最高のパット(原文はスイング)を生むヒントは、観念的な思考ではなくて、出来るだけ具体的なイメージなのである。

ーーーー

 

*1:著者は心理学者なので心と表現されてますが、実際には脳が身体機能を司っています。

 

このイメージの練習は真っ直ぐなラインでなく、曲りがあるラインでなさる方が、この読みの楽しさを実感しやすいと思います。

 単純なラインがイメージできてカップインが出来るようになったら、傾斜の急なところでの上りや下り、斜めのラインなど、或いは最終的には傾斜のあるスネークラインでイメージできるようになると実戦で大きな武器になります。

 

これで1つのブレークスルーを突破出来ますので、スコアへの貢献だけでなく、ゴルフがますます楽しくなることを保証いたします!

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス