フォローでフェースは | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

左を向きます。ショートパットは別ですが(笑)。

 

イン ツー インのストロークをする方は、これが当たり前ですから違和感は感じないと思いますが、PING型からマレットに変えたときには大きな違和感です。

 

PGAtourで初のメジャー制覇が大いに期待された松山は最終日に出だしから短いパットを続けて外しました。

「全米プロ最終日」にUPしたように、未だ完全にはマレットに習熟できていないのかな、という印象でした。

 このことは「やっぱりPINGですね~」のhinakanaさんも、この場面でパターへの懐疑心が出たのかな、と記事になさってます。

「ヒデキ残念」

 

マレット型はストレート軌道に向いているので、フィニッシュまでストレートでフェースは打出しラインに真っ直ぐ(フェース面は直角)向いていると思いがちですが、人間の体の構造上ストレートにストロークしてもフィニッシュでは少し左を向きます。

 

マレットに馴染んだ方も、カップの左に外すと、これが原因じゃないかと疑うこともあります。

 私(Green Keeper)はマレットにしたころと、慣れた後も左に外した時にこのことに懐疑的でした。ご丁寧なことですね(笑)。

 

これを意識してフィニッシュでもフェースがラインに直行するようにフィニッシュをとると、不自然な動きになったり、右に外すようになります。

あくまでフィニッシュは自然に納まる所に納めるのが正解です。

 

これについては「超パッティング理論」(安藤秀著 Gakkeen刊)の「パッティングラインとパターヘッドの軌道」のなかで詳しく述べられています。

 

松山はPING型を使っていた時も、真っ直ぐにフォローを出すストロークをしていました(昨年の日本オープン時)。PING型に比べマレット型はフランジが大きいので、フォローで左を向いていることが大きくパッターに印象付けます。ひょっとするとこんなことも懐疑的なことに影響していたのかも、ですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス