コンセントレーション2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

「コンセントレーション」に続きます。

 

ーーーー

息を吐くタイミングは、早く吐いてストロークするまで時間があり過ぎると苦しくなり、逆にコンセントレーションが失われてくるので、顔をカップから球に向けたストロークの直前に行う。

 アドレスしたときの前傾の角度によってコンセントレーションの高めやすさが少し違う。

 一般的に言って、コンセントレーションを高めるためには、前傾を高くするより、低くしたほうが適している。高いとどうしても軽率になりやすいからである。

 だいたい素振りするものであるが、ただ何となくパターを振っている人が多いが、これだとコンセントレーションを高めるというより、リラックスを得る目的だけになってしまうので、本番と同じストロークを二・三回練習すると良い。

 

プロのアドレスからの動作を見ていると、人それぞれ決まった手順があることに気付く。ラインの後方からパターを持ちあげて見たり、球の前に行ったんヘッドを置いたり、両脚のつま先を交互に上げたり、左肩のシャツをつまみ上げたりしている。このように決まった手順で、あたかも儀式を行うかのように、ストロークする前の導入動作をすると、コンセントレーションを高めることが出来る。

ーーーー

コンセントレーションを高める良い例として、著者は相撲における仕切りを上げています。儀式化された準備行動を通して、力士はこれから始まる取り組みに必要な緊張と興奮のレベルを高め、精神集中させているからですね。

 これから行おうとする動作が重要なものであればあるほど、緊張して動作がぎこちなくなりますが、このような一連の流れの中で行うと、緊張が緩和され、一定のリズムで行うことが出来ますね。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス