コンセントレーション | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

パッティングのコンセントレーションについて「パッティングの勝利」(芝草順二著 マサランド刊)で著者は次のように解説しています。

一部を省略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

パッティングするとき、呼吸しているのか、止めているのかあまり意識しないでストロークしている人も多いと思うが、コンセントレーションを高めるためには、呼吸を止めた方が良い。

 呼吸を止めるのは、息をひそめるように、自然に止めても良いが、息をスーッと吐いてから止めた方がよりよりコンセントレーションを高められる。

 逆に息を吸って、胸が膨らんだ状態で止めると「気合」は入るが、リラックスしたコンセントレーションが出来ない。

 

息の吐き方は、軽く吐くだけでも良いが、もっとお腹を凹ますくらいたくさん吐いて止めても良い。一般的に、お腹を凹ますくらい吐いたほうが、コンセントレーションは高まりやすい。

 この息の吐き方は、必ず腹式呼吸で吐くことが大切である。

 また、お腹が凹むと、上体が楽になって、肩を回しやすくなる良さもある。

ーーーー

 

これを初めて読んだときには、それ以降意識的に腹を凹ませるくらい息を吐いていましたが、最近は無意識でした。息を吐いて止めているのですが、息をひそめるように止めていて腹が凹むには程遠いくらいの浅い吐き方です。

 これからはまた意識的に深く吐いて止めてからストロークしようと思います。

 著書の仰る深く吐いた状態ですと、肩の力が抜けてスムーズにストロークできるのは確かです。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願い致しますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス