緊張を和らげる方法2 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。

「緊張を和らげる方法1」に続きます。

 

ーーーー

④ヨガの瞑想法

 ゴルフにとってもヨガの瞑想法は効果がある。

 いろいろな方法があるが、その一つとしてマントラ(呪文)がある。

それを口の中で、なるべき舌や口を動かさないで繰り返し念じると、血圧や脈拍などの自律神経系の働きが安定すると言われている。

 興奮しやすい人や上がりやすい人は、冷静さを取り戻すことが出来る。

 

⑤自己暗示をする

 ストロークする前に、「俺にとってこのパットは易しい」と自己暗示する。

 ヨガにしても自己暗示にしても、信じることが大切で、信じて自己暗示にかかりやすい自分を作らなければ効き目はない。

 

⑥お守り

 高校野球でバッターボックスに入ると、お守りを手で触るチームが増えてきたが、ゴルフでもパッティングする時、ポケットの中のお守りを触ってから打つようにする。

 

⑦縁起をかつぐ

 結果の成功不成功に偶然的要因が働く場合に縁起をかつぐことが多い。これは、目前の不安感・恐怖感などから逃れようとする欲求に基づくものである。

ーーーー

 

マントラを唱えるときに、口に出して言う方もおられますね。本人の打順とは言え、あまりお行儀がよいとは言えませんね。

 

これらも試してみて、自分に合ったやり方を採用するのが良いと思います。いろいろやるのではなく、現場では1つに絞ることが大切です。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m