メンタルと転がり距離 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

体調が悪いとパットの転がり距離が落ちるとUPしました。

「距離勘はどのくらい狂う?」

これはフィジカルな体調でしたが、メンタルな体調ではどうなるのかな?と思われた方が多いと思います。

 

以下、食事中の方はスルーなさって下さい。

 

私は毎朝、パットの宅練を続けています。

いままで特にメンタルな不調を感じながら取り組んだ経験はないのですが。

(誰ですかぁ、感性が衰えてるからだと仰ったのは?聞こえましたよ)

練習の途中で用を足して戻ってから、同じ転がしをすると、距離が延びる!!

5%くらいですが、5%も違うとも言えます。

この経験が2回あります。

(普通は途中でトイレに行くということはないので、2回ともと言えますね)

思うに、意識の中では全く同じことをやったのですが、リラックスしてストロークしたので、5%伸びるストロークが出来たのではないでしょうか。

 

現場では、逆に緊張するなどしてショートすることが起きているのかな、と思います。

パットに入る前に、緊張をほぐしてからストロークすると、距離勘が良くなると推定できます。

グリーン上での緊張のほぐし方、調べてみます。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス