持ち球の違いで変わる | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

どのようなラインが好き(得意)か聞くと

フックライン>スライスライン>真っ直ぐなライン

の順にフックラインを得意とする方が多いという印象です(データ無し)が、パットの名手藤田寛之によれば、これはショットの持ち球に関係しているそうです。「週間ゴルフダイジェスト」(2017年NO.16)から省略して引用させて頂きます。

 

ーーーー

フェードが持ち球の人は右に打ち出しきれないぶんフックラインが苦手で、ドローが持ち球の人はスライスラインが苦手な場合が多い。

苦手ラインの克服方法としては不安要素を消せるキーワードを作っておくと良い。

 

・フェード派がフックラインで不安なのは、ラインより左に打ち出してしまうこと。

なのでキーワードはいつもより「ボール1個分右に置く」「アドレスでフェースを開く」。これで右に打ち出しやすくなる。

 

・ドロー派のスライスラインはその逆で「ボール1個分左に置く」「アドレスでフェースを被せておく」。

 

その日の調子で「引っ掛けやすい」とか「押し出してしまう」と言う場合でも、このキーワードが使える。

 因みにフェード打ちの僕はフックラインが若干苦手。

そこでキーワードは「アドレスでハンドファーストを強めにする」です。

ーーーー

 

以前、トルクバランス型のパターを実戦に使ったところ、練習グリーンでは好調だったパットが現場では引っかけが多く36パットと言う苦杯をなめたことがあります。→「イーデルパター実戦」

 そんな時には、このやり方は臨床的に役に立つように思います。

あ、いずれイーデルパターは本格的に使うつもりでいます。

新しいことに取り組むのは楽しみです。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス