モンダミン最終日 | パット上達ブログ

パット上達ブログ

パットはゴルフ上達のカギ。パットの理論(世界で唯一)からパット数の減らし方、グリーン上のウンチクなど上手くなるヒントをGreen Keeperが発信します。


テーマ:

1打差で迎えた最終ホール。

三ケ島かなは左上カラーからのスライスライン≒7mをパターで転がしてカップイン〇。この時点で-17の鈴木愛と並びました。

 

鈴木は左下≒6mからの上りスライスラインですから、誰もが2パットで-17、プレーオフ必至と感じたと思います。

ましてや、その前のホールで鈴木は右下≒1mから3パット(*1)して△としています。それを入れちゃうんですから、パット功者の鈴木の本領発揮ですね。これで鈴木は-18で勝負あり。

2人とも3打伸ばして、スタート時点の差がそのままのフィニッシュとなりました。

 

鈴木はこれで「ほけんの窓口2017」に次ぐ今季2勝目、JLPGA通算5Vとしました。

 

*1:絶好のバーディーチャンスでしたが、これは右縁に蹴られて≒1m(左上)。

 ここからのパーパットは左縁で蹴られ左下≒1.5m(*2)。

ふてくされたような表情でしたが、以前よりは精神的にも成長した顔つきをしていました。これを入れて△。

 茂木宏美が「(このようなことが起こると)(#18)では打ち切れないことが普通だが、それを吹っ切っている(だからパットが上手い)」と解説していました。

 

樋口久子は、鈴木が「良いストロークをしている」と解説していましたが、何がどのように良いのかは仰いません。

代わって不肖私Green Keeperがわかる範囲で解説します(笑)。

1.アドレスの姿勢

  背筋をまっすぐに伸ばし(反り返るくらい)ています。

  背筋に注力するだけでなく、腹筋に注力して、姿勢の崩れを防いでいます。打からフィニッシュまで前傾姿勢が崩れません。

  なので、芯を捉えたストロークが可能です。

  ボールは横ブレせず、真直ぐに転がり伸びの良いパッティングと言えます。

2.ルーティンがいつも一定

  ボール後方から、カップ方向を見ながら3回の素振り。

  これ(特に3回目)で距離勘を作っています。

それからアドレスに入りますが、左手でパターフェースを拭く。

構えた後はフィニッシュまで態勢を崩さずにストロークしています。

また、テンポが一定、リズム不変ですから、距離勘も自身の描いたとおりに実現できるのではないでしょうか。

  ですから、練習でやっている通りのパッティングが出来る。

3.練習量が多い

  Dさんによれば、JLPGAの選手の中で最も練習熱心なのは鈴木。

  「パットはいつも(全て)入れるつもり」(ご本人)で臨んでいるというのは、こういう練習量の裏付けがあるからですね。

 

敗れた三ケ島かなですが、ゴルフ人生最高の経験をしたと思います。

もしここで鈴木が3パットでもしたらVが転がり込んで20歳にして初Vが実現したかもしれませんが、パットの上手さでは上には上がいること、それを上回るパット功者になるという決意がこの時点で出来たと思います。長い人生ではこの涙が必ず生きてくると思います。

 

*2:これは外しはしたものの狙い通りに打てたので合格。

   スライスの下りは右に外すのはプロでも多いんです

     (男子も女子も)。

   これが出来ればパットの「名人」なんです。

   これひろしさんのおっしゃる通りですね。

 

いつも御協力ありがとうございます。

今日もポチッと応援お願いいたしますm(_ _ )m

Green Keeperさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス